Gil Yefman: H


H

Gil Yefman

19 August – 28 October 2013

.

Opening night reception: 19 August, 19:30 – 21:30

Opening reception includes a live performance-art act by the artist

.

.
.

yefman2_press image_lowrez.

The Containerにおける「H」展は、日本におけるギル・イェフマンの初の展示であり、日本の観客とコンテクストのために特別に構想されたものです。

日 本において「H」(エッチ)という一文字は性的なものを象徴し、露骨な性表現や変態性を連想させるものです。この性的倒錯と「H」という文字の相関性は、 日本のアニメに対する国際的な関心と、西洋において大きく高まりつつある人気から発展したものです。日本では「変態」という言葉は「変質者」や「奇人」を 表わすものとして用いられ、ポルノそのものを指す言葉として用いられることは稀です。しかし従来は異質さや奇妙さを表わしていた「変態」という言葉は、い まや西洋のアニメファンたちの乗っ取りによってポルノ的なマンガやアニメを示す言葉となっています。より重要なことに、「H」は同時に「ホロコースト」を連想させるものでもあり、「H」という一文字から、「H=エッチ」という性的倒錯と第二次世界大戦中に強制収容所におけるセクシュアリティの関係性が追求されるのです。

こ の展示において、イェフマンがとりわけ興味を注いだのは、歴史家たちがアウシュビッツ強制収容所の「24区」として発見した売春宿です。それは戦争の心労 で疲弊した収容所職人を慰めるものであると同時に、社会学者・作家のウォルフガング・ソフスキーが「勤勉な働き者」と呼んだ、収容所職員のあいだにヒエラ ルキーを導入する(そして男性の勤労を奨励する)戦略として設けられた「官僚的囚人」を労うものでした。24区の存在はアウシュビッツに限られたものでは なく、ほとんどの強制収容所においては職員や兵士には「Joy Division=快楽部隊」と呼ばれていた「施設内」の慰安所があったと考えられており、ナチス政権時代には(収容所の外において)ドイツ全域に渡って 五千余りの売春宿が兵士、外国人部隊、そして男性一般のために設置されました。

 The Containerでの展示はそうした女性たちへのオマージュとして、彼女たちが強いられた性的、心理的、情緒的、そして社会的な状況を巡るインスタレー ション作品を展示します。作品を構成する要素には、アウシュビッツの24区で発見されたセックス・ワーカーを識別するためのIDカードに詳細に記された体 型通りに実物大で再現された編み物の「セックス・ドール」を乗せた簡易ベッド、アウシュビッツで労働者を処分するために用いられたかまどと同じ寸法で作ら れトイレのような棚の上に吊るされたプレキシグラス製の黒い鏡、ラーフェンスブリュック強制収容所の周辺の自然環境のループ映像を映した小さなテレビ、偶 然にもセックス・ワーカーのIDカードに記されたものとまったく同じ体型を持つヒトラーの母・クララの肖像、ドイツ語で「ビッチ」や「売春婦」を意味する 「Schlampe」のネオンサイン、様々なドローイング、そして、展示空間内を録画し展示空間の外へ映し出す監視カメラがあります。

こ の即興的に構築された強制収容所「宿舎」は陰鬱なものですが、その一方で、色鮮やかで遊び心のある実物大の人形は来場者と互いに干渉しあうことを求めてい ます。足を広げてベッドに横たわり、数多くの胸を持ち、女性器は子宮まで繋がり、精液と血液を滴らせ、荒々しい表情を浮かべている人形―それは倒錯的で奇 怪であり、卑猥でおぞましく、超現実的で、しかも驚くほどに聖像的であり陽気なのです。この矛盾と不一致はイェフマンの作品一般を象徴するもので、子供心 と冷静さ、あるいはユーモアと厳粛さの境界線をあいまいにする彼の実践を代表する特徴であり、観客を戯れと嘲りに誘いながらも、豊かなコンテクストと腐敗 に満ちた環境を作り出すのです。このインスタレーションの閉鎖空間へと来場者がひとたび足を踏み入れたならば、まるで自分が性的倒錯者になったかのように 感じられるでしょう。

オー プニング・レセプションではイェフマン自身によるライブ・パフォーマンスを行います。イェフマンは人形を着込み、彼自身が性奴隷となって、自分の頭を人形 の頭へ入れたままベッドの下へ潜ります。イェフマンと人形がひとつとなると、イェフマン=人形は来場者たちをそれに触れ、指で弄び、虐げるように促し、そ の一方でイェフマン=人形の瞳と呼吸の音に対峙させるのです。ただし、その様子を記録し、外へと映し出し、衆目へと晒す冷徹な監視カメラのことをお忘れな いように。

戦 争、それもとりわけ第二次世界大戦のような規模のものにおいて、人心を掌握し、人格を否定し、敵に恐怖と統制を浸み込ませる心理的な武器としての性奴隷や レイプ(あるいは、不可分なものとしての性奴隷=レイプ)がなかったと想像するのは難しいことです。人類史を通じて、太古から現在に至り、侵略者たちは敵 の士気をくじき思うままに操作するための道具として性を用いてきました。この数ヶ月にわたり国内・国外のニュースで大きく報じられた日本での加熱した「慰 安婦」論争は、性奴隷と第二次世界大戦を議論する上で無視することのできないコンテクストでしょう。

The exhibition H, at The Container, is marking Yefman’s debut exhibition in Japan and has been developed specifically to Japanese viewers and to local context. The exhibition is the fruit of research the artist has conducted for the last couple of years, and it is the first in a series of exhibitions planned to be shown internationally.

“H” as a symbol in Japan (pronounce “echi”), represents a condition of a sexual nature and associated with notions of the explicit and the perverse. This correlation between sexual deviance and the letter H evolved from the international interest in Japanese anime and its popularity going mainstream in the west. Hentai (変態), traditionally meaning distorted or strange, has been hijacked by western anime lovers to describe pornographic anime or manga, and while the Japanese rarely use “Hentai” to refer to pornography, the term is commonly used in slang to suggest a “pervert” or a “weirdo.” More importantly, “H” is also standing in the context of this show for “Holocaust,” and exploring sexual aberration (“echi”) and sexuality, as experienced in the concentration camps of WWII. 

For this exhibition, Yefman is interested, in particular, in what historians discovered to be “Block 24” in the Auschwitz concentration camp: a brothel to serve camp officials to relief them from the stress of war, and also to reward some “industrious” workers, termed by Sociologist and writer Wolfgang Sofsky as “prisoner aristocracy,” a strategy to create hierarchies within camp workers (and to encourage the men to work harder). The presence of Block 24 is not unique for Auschwitz, it is estimated that most concentration camps had an “in-house” brothel, referred to by the officials and soldiers as “Joy Divisions,” while across Germany (outside the camps) some 5,000 brothels were created during the Nazi regime to accommodate soldiers, foreign workers, and German men in general.

The exhibition at The Container pays homage to these women in an installation that explores the sexual, psychological, emotional, and social condition that they were forced into, and consists of a variety of elements: a make-shift bed with a life-size knitted “sex doll” made in the same physical dimensions detailed in a Personal Prisoner Card found at Block 24 in Auschwitz to identify a sex worker; a black mirror made of plexiglas, shaped and cut to the same measurements of an extermination furnace entry, and hanging above a shelf to resemble a vanity mirror (toilette); a small monitor presenting a looped video with nature footage from the surrounding area of Ravensbrück concentration camp; a portrait of Adolf Hitler’s mother, Klara, who incidentally, fits the exact physical description depicted in the sex-worker’s identification card; a neon sign with the inscription “Schlampe,” meaning in German a bitch or a slut; drawings; and a CCTV (surveillance) camera, monitoring the inside of the container and projecting the recorded footage outside the space, serving as a replacement to the peep-holes that were present in the actual brothels.

While this improvised concentration camp “residence” is somber and depressing, the life-size doll is colourful and playful, and visitors to the exhibit are encouraged to interact with it. Lying on the bed with its legs spread, fashioning multitude of breasts, a vagina leading to a womb, dripping of semen and blood, and sporting a wild expression. It is perverted and strange, dirty and repulsive, surreal, and surprisingly ironic and amusing. This contradiction and paradox are representative of Yefman’s works in large, and are a characteristic of his practice—blurring the borders between the childlike and staid, the humorous and the grave; inviting you to play and deride, while creating an environment rich in context and intensity. One cannot help feeling like a pervert once in the confines of the installation.

During the opening reception of the exhibition, Yefman is also performing live in the space. Wearing the actual doll and becoming the sex-slave himself, he is positioned under the bed, with his head inside the doll’s head. Once Yefman and the doll become one, visitors are invited to play and explore the doll and him—feel it, cuddle it, finger it, or molest it, while confronting the doll’s and his eyes, and the sound of his breath. Just remember, the unforgiving CCTV camera is recording, and projecting outside The Container for everyone to see.

threelogos