nibble, nibble, gnaw window


オープニング初日にはダダと本展覧会に関連する様々なパフォーマンスが披露されます。
  • ナディア・ソラリ演出の依頼によるパフォーマンス:日本のヨーデル放歌会がスパム文章を歌います。
  • クラシック音楽パフォーマンス/共同パフォーマンス・アート: クラシック音楽作曲家のMKチャールズによる、依頼によってこのイベントへと特別に作曲したダダ概念を込めた新作のピアノ曲演奏。このミュージック・パフォーマンスはスコットランド作家のジャック・マクリーンによるパフォーマンス・アートとしての演技が同時に披露されます。
  • 南アフリカの著名バグパイプ演奏家であるドミニク・スケルトンによるThe Containerへの特別パフォーマンス。
  • 1997年に筑波大学の河口教授により制作された、学生達に焦点を合てるマヴォ・プレイのビデオ録画の放映。
  • 初日にはThe Containerから、ナディア・ソラリによる本展覧会nibble, nibble, gnawをご紹介する二ヶ国語(英/日)の新しいカタログ/作品集が公開されます。更に本出版物は、本展覧会から発想を受けたアメリカのライターであるショーン・メレンスの、依頼による新作フィクション小説/おとぎ話が含まれます。本出版物はThe Containerにて、そしてアメリカ・カナダ・ヨーロッパのAmazonから購入する事が出来ます。
Opening night will include a range of performances relating to Dada and to the exhibition:
  • A commissioned performance, directed by Nadja Solari: Japan’s Houkakai Yodel Club singers singing spam text
  • A commissioned classical music performance / performance art collaboration: Classical music composer MK Charles in a composition for piano, in the spirit of Dada. The music performance will be accompanied by a performance art act by Scottish artist Jack McLean
  • South Africa’s renowned bagpipe performer Dominic Skelton in a special performance for The Container
  • Projection of a video documentation of a Mavo play produced in 1997 by Prof. Kawaguchi of Tsukuba University, and showcasing his students.
  • Opening night will feature also the launch of a new bilingual (Eng/Jap) publication by The Container: a catalogue / artist book exploring the exhibition nibble, nibble, gnaw by Nadja Solari. The publication will include also a newly commissioned fiction story / fairytale by the American writer Shawn Mehrens, inspired by the exhibition. The publication will be available for purchase at The Container and on Amazon US, Canada, and Europe.